(TOP)      (戻る)

2019年(平成31年)のブログ「歌舞伎素人講釈」記事

1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月  10月  11月   12月


2019/1/1

明けましておめでとうございます。除夜の鐘鳴らして煩悩落として新しい年を迎えました。「歌舞伎素人講釈」は本年で19年目に入ります。本年もいい舞台を期待したいですね。ちなみに本日(1日)は、旧暦であると11月26日になります。


2019/1/2

本日(2日)は歌舞伎座の初春興行・夜の部を見て来ました。舞台についてはそのうちサイトに書くと思います。お正月の銀座も外国からのお客が多いですね。




2019/1/7

本日(7日)は演舞場の初春公演・夜の部を見て来ました。海老蔵初役の俊寛も、鏡獅子も、予想を超えて良い出来でした。麗禾ちゃん・勸玄くん、可愛かった。良い子たちですね。舞台についてはそのうち書くつもりです。


2019/1/9

本日(9日)は池袋に行ったついでに、立教大学の傍の、江戸川乱歩記念館(乱歩の旧宅跡)にちょっと立ち寄りました。乱歩と谷崎潤一郎との間に、興味深い同時代的関連があることを知ることが出来ました。

写真は、旧宅土蔵の、乱歩所蔵の書籍。


2019/1/11

本日(11日)は神奈川大学で「歌舞伎のヒロインたち」の第5回目で、本年最初の講座でしたが、「櫓のお七」、「伽羅先代萩」の政岡などを取り上げました。ご参加いただきましたみなさまに御礼申し上げます。


2019/1/12

本日(12日)はロイヤル・オペラハウス・シネマで、ワーグナーの楽劇「ワルキューレ」を見て来ました。これは昨年10月28日の上演映像。解説・休憩時間含むで約5時間は正直疲れますが、その疲れが報われるのがワーグナーの不思議なところです。


2019/1/14

本日(14日)松竹から、来年(2020年)5月に海老蔵さんが十三代目団十郎白猿、勸玄くんが八代目新之助を襲名することが発表されました。改めて今月(1月)演舞場の舞台を思い出せば、その覚悟の程は歴然としていましたね。いい団十郎になってくれると確信しています。おめでとうございます。


2019/1/15

先日(12日)にお亡くなりになった哲学者・梅原猛先生の数々の著書には吉之助も大変お世話になりました。とても面白かった。歌舞伎にとっては、三代目猿之助のスーパー歌舞伎・第1作「ヤマトタケル」の作者でもあります。ご冥福をお祈りします。


2019/1/17

本日(17日)は表参道へ行ったついでに、根津美術館に寄って企画展「酒呑童子絵巻〜鬼退治のものがたり」を見て来ました。歌舞伎にも出て来る、あの有名なキャラクターです。

写真は、根津美術館庭園。


2019/1/18

本日(18日)は歌舞伎座・初春興行の昼の部を見て来ました。白鸚の一條大蔵卿が素晴らしい出来でした。舞台については、そのうち書くつもりです。


2019/1/19

明日(20日)発行のメルマガ第489号は、来年に十三代目団十郎白猿の襲名が決まった海老蔵の、今月新橋演舞場の「俊寛」と「鏡獅子」の観劇随想をお届けする予定です。ところで本日(19日)は、旧暦に直すと師走(12月)14日、つまり赤穂義士の討ち入りの日ということになります。
 



 

(TOP)      (戻る)