(TOP)      (戻る)

2020年(令和2年)のブログ「歌舞伎素人講釈」記事

1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月  9月  10月  11月   12月


2020/1/1

「明けましておめでとうございます。」 

明けましておめでとうございます。今年は世間的には東京オリンピックの年、歌舞伎ファンにとっては海老蔵の十三代目団十郎襲名の年と云うことですが、良い舞台を見せて欲しいですね・頼むよ。ところで本日は旧暦であると、12月7日ですね。


2020/1/3

「初芝居」

本日(3日)は初芝居で、歌舞伎座・初春歌舞伎の夜の部を見てきました。演目は白鸚の「五斗三番」、猿之助と団子による「連獅子」、勘九郎と七之助による「鰯売」、どれも面白く見ました。客席も久しぶりに満員で盛り上がっていましたね。


2020/1/8

「ロイヤルオペラシネマ」 

本日(8日)はロイヤルオペラシネマで、モーツアルトの歌劇「ドン・ジョヴァンニ」を見てきました。これは昨年(2019)10月8日の舞台映像。最近の舞台でのプロジェクション・マッピング技術の進歩には驚かされます。舞台か映像か分からなくなるが、これなら何でも出来ちゃいますね。ところで本日は旧暦では12月14日、つまり赤穂義士討ち入りの日です。


2020/1/10

「神奈川大学」 

本日(10日)は本年最初の神奈川大学の市民講座「市川団十郎と家の芸」の第5回として、歌舞伎十八番の内「勧進帳」の舞台映像を材料にお話をいたしました。お集まりいただきました皆様に御礼申し上げます。


2020/1/12

「講話会」 

本日(12日)は本年最初の講話会で、昨年12月の新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」に関する話題を中心に最近の舞台についてお話をいたしました。お集まりくださいました皆様に御礼申し上げます。なお「ナウシカ」については、もう少し先になると思いますが、サイトにて観劇随想を連載する予定にしていますので、しばらくお待ちください。




(TOP)      (戻る)