(TOP)      (戻る)

2020年(令和2年)のブログ「歌舞伎素人講釈」記事

1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月  9月  10月  11月   12月


2020/1/1

「明けましておめでとうございます。」 

明けましておめでとうございます。今年は世間的には東京オリンピックの年、歌舞伎ファンにとっては海老蔵の十三代目団十郎襲名の年と云うことですが、良い舞台を見せて欲しいですね、頼むよ。ところで本日は旧暦であると、12月7日ですね。


2020/1/3

「初芝居」

本日(3日)は初芝居で、歌舞伎座・初春歌舞伎の夜の部を見てきました。演目は白鸚の「五斗三番」、猿之助と団子による「連獅子」、勘九郎と七之助による「鰯売」、どれも面白く見ました。客席も久しぶりに満員で盛り上がっていましたね。


2020/1/8

「ロイヤルオペラシネマ」 

本日(8日)はロイヤルオペラシネマで、モーツアルトの歌劇「ドン・ジョヴァンニ」を見てきました。これは昨年(2019)10月8日の舞台映像。最近の舞台でのプロジェクション・マッピング技術の進歩には驚かされます。舞台か映像か分からなくなるが、これなら何でも出来ちゃいますね。ところで本日は旧暦では12月14日、つまり赤穂義士討ち入りの日です。


2020/1/10

「神奈川大学」 

本日(10日)は本年最初の神奈川大学の市民講座「市川団十郎と家の芸」の第5回として、歌舞伎十八番の内「勧進帳」の舞台映像を材料にお話をいたしました。お集まりいただきました皆様に御礼申し上げます。


2020/1/12

「講話会」 

本日(12日)は本年最初の講話会で、昨年12月の新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」に関する話題を中心に最近の舞台についてお話をいたしました。お集まりくださいました皆様に御礼申し上げます。なお「ナウシカ」については、もう少し先になると思いますが、サイトにて観劇随想を連載する予定にしていますので、しばらくお待ちください。


2020/1/16

「サイトの記事」

しばらく途切れていた連載記事を順次片づけていくことにして、まずは「五代目玉三郎の稲葉家お孝」の論考を完結させました。

五代目玉三郎の稲葉家お孝


2020/1/18

「明日のメルマガ」  

12月はお休みしたので久しぶりの発行になりますが、明日(19日)発行のメルマガ第510号は、五代目玉三郎の稲葉家お孝によるシネマ歌舞伎、泉鏡花の「日本橋」の観劇随想をお届けする予定です。


2020/1/19

「アシュケナージ」

昨日(18日)、ロシアのピアニストで指揮者でもあるウラディミール・アシュケナージが引退を発表したとのこと。アシュケナージと云うと、吉之助にとっては、ショパンのピアノ曲とかラフマニノフのコンチェルトなどが思い浮かびますが、若い頃から聴いてきたので、引退の報を聞くと寂しいですねえ。


2020/1/20

「歌舞伎座」 

本日(20日)は歌舞伎座で初春歌舞伎の昼の部を見てきました。演目は芝翫の「安達三」、吉右衛門の「素襖落」、白鸚の「河内山」など。舞台のことは、そのうち書くつもりです。

 


2020/1/21

「休演日」

これは大事なことだからブログに記録しておくことにします。松竹は「2020年4月より歌舞伎興行の内、25日間の公演に休演日を1日設定することとした」そうです。ワークライフバランスの流れということですね。


2020/1/24

「神奈川大学」

本日(24日)は神奈川大学の市民講座「市川団十郎と家の芸」の第6回として、前回の「勧進帳」続きと「熊谷陣屋」について、舞台映像など材料にお話をいたしました。お集まりいただきました皆様に御礼申し上げます。ところで本日は旧暦では十二月三十日なので、大晦日なんですね。


2020/1/25

「鷽替え神事」

本日(25日)は、小石川の「牛天神」北野神社の、初天神の鷽(うそ)替え神事がありました。鷽(うそ)が嘘に通じることから、鷽の木像を交換することで、前年の凶を吉に替わることを祈念する行事です。


2020/1/29

「サロネン」

本日(29日)は池袋・東京芸術劇場で、エサ・ペッカ・サロネン指揮フィルハーモニア管弦楽団の演奏によるサロネンの自作「ジェミニ」(ボルックス・カストール)日本初演、マーラーの交響曲第9番を聴いてきました。マーラーは引き締まった造形で中間2・3楽章の盛り上がりが素晴らしく、感動的な終楽章への過程がきっちり構築できたと思います。聴いて良かった演奏会でした。


2020/2/3

「歌舞伎座」

節分の本日(3日)は歌舞伎座昼の部で「菅原伝授手習鑑」加茂堤・筆法伝授・道明寺を見てきました。新型肺炎とインフルエンザ予防のためマスクして観劇の方が多かったみたいです。吉之助もマスクしました。舞台のことは、そのうち書くつもりです。


2020/2/5

「ダルベルト」

本日(5日)は銀座・王子ホールでミシェル・ダルベルトのピアノ・リサイタルを聴いてきました。曲目はドビュッシーの前奏曲集第1・2巻ですが、オリジナルの曲順ではなく、各曲を(地・火・水・風・エーテルの)五大元素のイメージに絡めてダルベルトが独自に並べ替えた構成で、これがなかなか面白く聴けました。もちろん演奏は素晴らしいものでした。


2020/2/6

「サイトの記事」 

昨年末から年越ししていた連載が三本ありましたが、本日(6日)、「二代目吉右衛門の日向嶋景清」を完結させて、やっと三本が仕上がりました。他にも書きたい題材がありますけど、そろそろ「風の谷のナウシカ」観劇随想に取り掛かるつもりです。ただしかなりゆっくりペースになるかなと思います。


2020/2/7

「団十郎襲名披露演目」  

団十郎襲名まで残り三か月を切って・気を持たせたところでの、本日(7日)の襲名披露演目発表でしたが、共演者の発表はなし。独自色を押し出した驚きの演目でもあってそれで発表が遅れてるのかと思ってましたが、まあ無難と云うか、普通の演目建てですね。これでどうしてこんなに発表が遅れたのかねえ?そろそろ襲名ムードが盛り上がって欲しいなあと思います。


2020/2/11

「ポゴレリッチ」 

本日(11日)は横浜みなとみらいホールで、山田和樹指揮読売日本交響楽団の演奏会に行ってきました。目玉はイーヴォ・ポゴレリッチ独奏によるシューマン:ピアノ協奏曲です。期待に違わず独特なところがありましたが、オケに旋律を渡す時はテンポを戻して渡してたから・オケにも配慮を見せて昔よりは随分丸くなりました。特に第3楽章はオケと共に大いに盛り上がりました。


2020/2/14

「神奈川大学」

本日(14日)は神奈川大学の市民講座「市川団十郎と家の芸」の第7回(最終回)として、前回に続き「熊谷陣屋」について、舞台映像など材料にお話をいたしました。お集まりいただきました皆様に御礼申し上げます。


2020/2/16

「ポゴレリッチ」

本日(16日)はサントリー・ホールでイーヴォ・ポゴレリッチのピアノ・リサイタルを聴いてきました。期待したショパン・舟歌には圧倒的な瞬間があったけれども、全体的にまだ練り上げの余地がありそう。ラヴェル・夜のガスパールは生でも何度か聴いたけど、やっぱり凄い。会場アナウンス(英語)をポゴレリッチご本人がやったのには笑えましたが、精神的にはだいぶ持ち直したようですねえ。


2020/2/23

「講話会」

本日(23日)は講話会で、「道明寺」や「四の切」など最近の舞台を材料にお話をいたしました。お集まりいただきましたみなさまに御礼申し上げます。本日は祭日なのに新型肺炎騒ぎの影響で銀座の歩行者天国の人出も普段よりもかなり少ないようでした。


2020/2/24

「旧暦」

旧暦であると、本日(24日)が二月朔日と云うことになります。新型肺炎騒ぎが一段と大きくなって来ましたが、早いとこ終息してもらいたいものです。


2020/2/26

「新型肺炎」

本日(26日)、政府は新型肺炎コロナウイルスの感染拡大を受け、スポーツ・文化イベントなどの開催を今後2週間自粛するよう要請するとのことです。これから続々イベント中止の報が出ますね。吉之助も3月の芝居・演奏会の切符を結構持っているので大変残念ですが、こればかりは仕方がありません。


2020/2/27

「新型肺炎」 

記録のために、現在の状況をメモしておきます。
3月歌舞伎座・明治座:初日(2日)〜10日まで休演
3月国立小劇場:初日(3日)〜15日まで休演
残念ですが、吉之助も予定がキャンセルになった公演がありました。


2020/2/28

「新型肺炎」

3月に予定されていた「リッカルド・ムーティ イタリア・オペラ・アカデミー in 東京」が延期になりました。吉之助にとって本年最重要のイベントでリハーサルと本番を聴講の予定でしたが、マエストロの安全のためにも、やむを得ない判断だと思います。「延期」だから、先の楽しみが残ったということで。

写真下は、延期になった本番公演のチラシ。

 


2020/3/1

「旧暦」

本日(1日)は、旧暦であると2月7日になります。


2020/3/2

「歌舞伎座」

本来なら本日(2日)が3月歌舞伎座の初日なので、いつもは翌々月の公演詳細(つまり5月の団十郎襲名披露興行)が出る段取りなのだが、歌舞伎座休演のため現在のところ音沙汰無し。新型肺炎騒ぎでムード最悪なので仕方ないですが、困ったことになりましたねえ。


2020/3/2

「歌舞伎座」 

本来なら本日(2日)が3月歌舞伎座の初日なので、いつもは翌々月の公演詳細(つまり5月の団十郎襲名披露興行)が出る段取りなのだが、歌舞伎座休演のため現在のところ音沙汰無し。新型肺炎騒ぎでムード最悪なので仕方ないですが、困ったことになりましたねえ。


2020/3/8

「新型肺炎」

3月歌舞伎座・明治座の休演が、さらに15日(日)まで延長になったそうです。大相撲春場所(大阪・本日初日)は異例の無観客開催。


2020/3/11

「新型肺炎」

3月国立小劇場の休演が、さらに19日(木)まで延長になったそうです。春の選抜高校野球(当初19日開幕予定)も異例の大会中止決定。


2020/3/12

「新型肺炎」

3月歌舞伎座休演も、19日まで延長だそうです。3月の歌舞伎の三座観劇予定は良い席の切符が取れて、どれも楽しみにしてましたが、結果的に全部キャンセルとなりました。(涙) 新型肺炎騒ぎが収まるまで、当面、不要不急の外出は避け、自宅でおとなしくしてることにします。


2020/3/13

「新型肺炎」 

新型肺炎感染拡大の影響でベルリン・フィルハーモニー・ホールも4月19日まで閉鎖だそうですが、そのような中、ベルリン・フィルは3月12日のサイモン・ラトル指揮の演奏会(日本時間13日午前4時)を聴衆なしで行ない、インターネットで映像を無料配信するそうです。ベルリン・フィルが自前の映像中継配信設備を持っているからこそ出来ることですが、これからは、音楽も演劇も、インターネット配信の時代ですねえ。3月歌舞伎座の舞台映像配信をやってくれるならば、有料でも見ますよ。


2020/3/18

「新型肺炎」  

新型肺炎感染防止対策の一環として続いている劇場閉鎖により、3月東京の3座の歌舞伎公演は全休となりました。
歌舞伎座:2日(初日)〜26日(千秋楽)
明治座:2日(初日)〜26日(千秋楽)
国立小劇場:3日(初日)〜26日(千秋楽)

今月は興味ある演目・魅力的な顔触れであったので大変残念です。無観客での舞台映像収録の話もあるようだから、配信があるならば、これで渇を癒すことにしますかねえ。

全休となってしまった3月国立小劇場・明治座・歌舞伎座チラシ

 


2020/3/20

「十三代目団十郎襲名」 

いつになったら分かるのかと思ってた十三代目団十郎襲名披露興行(5〜7月歌舞伎座)の演目・配役全容が、気が付いたら「歌舞伎美人サイト」にひっそりと発表されてました。新型肺炎による休演続きで気分どん底のタイミングでの発表ですが、これで襲名ムード盛り返しとなってもらいたいものです。

 


2020/3/21

「明日のメルマガ」

吉之助の街の桜は三分咲きになりました。ところで明日(22日)発行のメルマガ516号は、昭和44年12月国立劇場の「元禄忠臣蔵」映像の観劇随想をお届けします。


2020/3/24

「旧暦」  

本日(24日)は、旧暦であると弥生(3月)朔日ということになります。吉之助の街の桜はほぼ満開になりました。本年度の桜まつりは中止となりました。


2020/3/30

「新型肺炎」

正直観劇どころの状況ではありませんが、歌舞伎のブログなので記録のためメモしておきます。4月歌舞伎座は当初から休館でしたが、新橋演舞場で予定されていた4月大歌舞伎の前半日程が休演となりました。これは長引きそうだなあ。(嘆息) 東京オリンピックも来年7月24日開幕に延期するとの発表がありました。

新橋演舞場 3日(初日)〜14日まで休演  (15日は休演日)


2020/4/1

「旧暦」

本日(1日)は、旧暦であると弥生(3月)9日になります。



(TOP)      (戻る)