(TOP)     (戻る)

ユニークな加古川忠臣蔵〜国立劇場の「忠臣蔵」通し

昭和49年12月国立劇場:「仮名手本忠臣蔵」〜二段目

八代目坂東三津五郎(加古川本蔵)、六代目中村歌右衛門(戸無瀬)、六代目澤村田之助(大星力弥)、五代目中村松江(二代目中村魁春)(小浪)、八代目中村福助(四代目中村梅玉)(桃井若狭助)

(この連載は未完です。)


1)加古川本蔵の悲劇

「忠臣蔵」三段目の刃傷の場で塩冶判官を抱きとめた加古川本蔵はもちろん架空の人物ですが、元禄赤穂事件の史実からそれらしきモデルを探すならば、旗本の梶川与惣兵衛(よそべえ)がこれに当たります。与惣兵衛はたまたま刃傷の現場に居合わせ、吉良上野介に斬りかかった浅野内匠頭を後ろから抱き留めました。事件を未然に防いだ功績により、与惣兵衛は五百石の加増を受けました。しかし、浅野贔屓の世間から「あいつが抱きとめなければ内匠頭は上野介を討てたのに 、余計なことをした憎い奴だ」ということで嫌われて、与惣兵衛は随分と嫌がらせを受けたようです。「梶川氏筆記」によれば、与惣兵衛は内匠頭を抱きとめたことを後悔する旨の述懐を後にしています。「忠臣蔵」の本蔵は史実を離れて自由な創作がなされてしますが、上記の点が本蔵もまったく同じで、よかれと思ってやったことが世間の恨みを買って苦しむことになってしまいました。「忠臣蔵」四段目では切腹する直前の判官が本蔵に対する恨みを口にします。

「恨むらくは館にて加古川本蔵に抱きとめられ、師直を討ちもらし無念、骨髄に通って忘れ難し。湊川にて楠正成、最後の一念によって生(しょう)を引くと言いし如く、生き替わり死に替わり鬱憤を晴らさん」

由良助にとって本蔵は息子力弥の許嫁小浪の父であり、本来は心を許し合える間柄でした。由良助は本蔵がよかれと思って判官を留めたことを理解していたと思います。しかし、主人の述懐によって、由良助は不本意ながら本蔵を敵とせねばならなくなってしまいました。師直邸に討ち入る前に、由良助はまず本蔵に決着を付けなくてはなりません。これが九段目での本蔵の苦悩ですが、実は本蔵 には苦悩がもうひとつあります。

それは九段目でいまわの際の本蔵が述懐する「思へば貴殿(由良助)の身の上はこの本蔵が身にあるベき筈」と云うことです。大序を見ると、いきり立って今にも師直に斬り掛らんとするのは、本蔵の主人桃井若狭助の方です。若狭助を おっとりと抑えるのが判官です。大序を見る観客は、松の廊下で師直に対し刃傷に及ぶのは若狭助であると誰でも思うはずです。本来刃傷するのは若狭助であったのに、何かの拍子でそれがひっくり返って、虫の居所が悪い師直が判官をいびり始めて、怒った判官が抜刀してしまったのです。それは本蔵が師直に賄賂を贈って若狭助の取り成しを頼んだからでした。つまり主人が師直に刃傷して御家お取り潰しになるのは桃井家のはずだったのに、とばっちりを食った塩治家の方にお鉢が回ったということなのです。史実とはまったく関係ない「忠臣蔵」独自の設定ですが、これにより本蔵の悲劇 が重層的な意味を持って来ます。

そこで本稿で紹介するのは、昭和49年12月国立劇場での通し狂言「仮名手本忠臣蔵」の映像です 。この上演がユニークな点は、加古川本蔵と一家の悲劇に焦点を合わせて、滅多に出ない二段目に八段目・九段目を加えて、「加古川忠臣蔵 」の体裁に仕立てたところです。理屈を云えば、三段目の進物場(本蔵が師直に賄賂を贈り若狭助の取り成しを依頼する)、同じく三段目の喧嘩場(討ちかかる判官を本蔵が留める)の2場がなければ、本蔵の悲劇の序破急の破が欠けることになるので、今回の上演ではこの2場がない為悲劇の体裁を 完全には成さないことになります。しかし、これはまあ上演時間の関係もあるので仕方がありません。「忠臣蔵」に由良助の件と勘平の件とふたつの縦の線があることは普段の通し上演でも実感されますが、同じ縦の線でも本蔵の悲劇は十分に知られているとは言えません。そのためにまず二段目の上演が大事なことになって来ます。(この稿つづく)

(H31・2・7)



 

  (TOP)     (戻る)