(TOP)     (戻る)

初代団十郎と深川不動堂


初代団十郎の先祖は甲州(現在の山梨県)出身と云われています。江戸に入る以前に下総国成田(現在の千葉県成田市)に住 んだ時期がありました。このような経緯から、団十郎は成田山新勝寺の不動明王を信仰していました。なかなか子宝に恵まれなかった団十郎が熱心に祈願したところ、念願通り子供(後の二代目団十郎)が生まれたので、団十郎のお不動様への信仰心はますます強くなりました。

元禄10年(1697)「兵根元曽我」(つわものこんげんそが)という芝居のなかで、団十郎はお不動様が登場する場面を出して大当たりを取りました。これが現在、歌舞伎十八番の「不動」の原型になるものです。団十郎がお不動さまに扮して中央にどっかと座わるという芝居です。これにお不動様を信仰する観客がこぞって賽銭を投げて、舞台に賽銭の山が出来たそうです。集まった御金を団十郎が新勝寺に寄進して、この時から団十郎は「成田屋」の屋号を名乗ることになりました。

これを機に江戸っ子の間に「成田までは遠い、江戸の街でお不動さまを拝みたい」という気運が高まって、元禄16年(1703)、深川富岡八幡の別当寺・永代寺において第1回目の成田不動の出開帳が行われました。これが深川不動尊の始まりとされています。
と云うわけで深川不動尊の設立には、初代団十郎が深く係わっているということです。

別当寺と云うのは、江戸時代は神仏習合であったので、寺社を管理するお寺のことです。成田不動の出開帳は、江戸時代を通じ12回行われ、一回を除き、それ以外は永代寺で行われました。しかし、明治になって神仏分離が行われて、永代寺は廃寺になってしまいました。(永代寺のあった場所は、現在は深川公園になっています。「門前仲町」と云うのは、深川永代寺の門前町という意味だそうです。)しかし、お不動様を信仰する地元の人々の強い要望によって、明治11年(1878)に、現在の場所に成田不動の分霊を祀って「深川不動堂」として存続することを東京府が認め、現在に至っています。(深川不動堂のサイトはこちら。)

なお現在の市川団十郎家は、九代目団十郎の時から神道に変わっています。しかし、成田屋と成田山新勝寺との深い関係は現在も続いていることは、御存知の通りです。

*写真は平成30年3月3日、吉之助の撮影です。

(H30・6・24)


 

  (TOP)        (戻る)